読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲山に吠える虎

主にアニメ・漫画関連の舞台探訪・聖地巡礼を記事にします

【雑記】「花咲くいろは」ラッピング列車とファン有志によるのと鉄道西岸駅「緒花見会」【2013年4月20日、石川・能登】

どうも、松前緒花「頑張ってるけど…ぼんぼってるわけじゃない!」:甲山タイガースです。


4月20日、花咲くいろはファン達有志開催のBBQ「緒花見会」に参加してきました。それと同時に、のと鉄道西岸駅にて花咲くいろはラッピング気動車の撮影も行いました。

西宮→京都(快速乗車)、京都駅から特急「サンダーバード1号」に乗車して一路金沢へ。

金沢駅着。

金沢駅からお知り合いの方のクルマに便乗させて貰い、ひとまずのと鉄道穴水駅へ。
ここに花咲くいろはHSH」ポスターの他に、4/28よりエリア限定配信の南砺市限定アニメ「恋旅〜True Tours Nanto」宣伝ポスターまで張り出されてありました。

穴水駅構内には、「花いろ」ラッピング気動車が留置されていました。運転前の… これは新しくラッピングデザインされたNT202編成ですね。岸田メル氏絵のラッピング面が見えます。

ヘッドマークは、「花いろHSH」のもの。

穴水駅切符売り場。「花いろ」金沢カレーの他、「花いろ」グッズも取り扱いしています。

穴水駅ロータリー。そういえば、ここの駅では牡蠣を食べられますよ。

そして再びクルマで西岸駅へ。「緒花見会」に既に大勢の「花いろ」ファン達が集まってきています。

そしてよく駅舎に近づいてみると…

そう、アニメの設定と同じ「湯之鷺」仕様になっていたのです!

プラットホームにある駅名標も、去年から設置されている「ゆのさぎ」に加えて、すべての駅名標「ゆのさぎ」となっています(この駅名標掲出はは4/20・4/21の2日間限定でした)。

「喜翠荘」のぼんぼり。そして急行「ゆのさぎ」号に使用された特製緒花ちゃんヘッドマーク

「こちらが緒花見会会場で〜す」w

「緒花見会」受付。

「緒花見会」参加者証を受け取り…

ここでちらし寿司弁当を受け取りまして…

お弁当を御開帳〜

真菜ちゃんむけのお弁当ですね。仕様ですw
美味しくいただきました。

会場にはファン達が持ち寄ったタペストリーも飾られました。

会場の一角は様々なキャラのフィギュアとかでカオスな空間(変態仮面とかもあるしw)。

のと鉄道からの貸し出しによる5人の等身大パネル。向かって左から、輪島巴・和倉結名・押水菜子・鶴来民子・松前緒花

あっちへ移動、こっちへ移動と、等身大パネル達は大忙しw

西岸駅の桜は満開〜散りかけ。

緒花見会で振舞われる牡蠣や焼きそば、焼豚などを頂いているうちに、穴水からの「花いろ」ラッピング気動車が到着!
しかも二編成連結で!七尾側から、NT201(最初のラッピング)+NT202(この3月からのラッピング)。連結されると、なるほど、このように花柄模様が出来るようにラッピングされているんですね。

緒花にみんちに… 巴姉さん!


そして実際のレールの上に「花いろ」ラッピング気動車のミニチュアw

臨時急行「ゆのさぎ」号として運転されているラッピング気動車、何と十数分の間停車です!いっぱい撮影出来てもう感謝感謝!のと鉄道やるやん!!
キャラ5人の等身大パネルとラッピング気動車。人だかりの山w


「緒花見会」に招待されていた永谷敬之さん(花咲くいろは番組プロデューサー)岸田メルさん(花咲くいろはキャラクター原案、イラストレーター)のお二方は、停車中の臨時急行「ゆのさぎ」号に乗車。岸田メル先生は車内に直筆イラストを描くという突発イベントも発生しました(笑)。


停車中に、運転手からタブレットを受け取ったり、ラッピング気動車のミニチュアを手にしてファンの撮影に応じる岸田メル先生

ラッピング気動車の撮影は発車まで続く。


出発時刻となったラッピング気動車を見送ったあと、再び「緒花見会」で飲食。

私からあのカオスな空間には、ももねこ様ミニぬいぐるみと長門有希水着版フィギュアを置かせていただきましたw

食事していると、再び臨時急行「ゆのさぎ」号が。七尾からの折り返しです。

窓には特製サボが。

この「緒花見会」の最中、メル先生がファン達のグッズなどに直筆サインを頂けるという即席サイン会!もうファン大サービスに参加者みな大喜びでした。
私は、劇場版「花いろHSH」特典クリアファイルにサインを頂きました。

帰り。行き同様知り合いの方のクルマで金沢駅まで送迎して頂きました。
観光案内所のポスターを見つめて、今日1日の楽しかった「緒花見会」を振り返りながら、ホームへ。

サンダーバード44号」で京都まで。

京都→大阪(新快速)、→西宮(普通)と乗り継いで帰ってきた!