甲山に吠える虎

主にアニメ・漫画関連の舞台探訪・聖地巡礼を記事にします

【2018年舞台探訪報告】アニメ「りゅうおうのおしごと!」第1話、大阪から【2018年1月9日】

どうも、甲山タイガースです。


このたび、のうりんなどのライトノベルを執筆されている白鳥士郎さんによる作品りゅうおうのおしごと!がテレビアニメ化され、この1月より放送開始になりました。将棋を題材とし、プロの棋士の活躍する大阪を主要舞台としつつ、あちらこちらと背景が登場するのが楽しみな作品ですが、取り敢えず第1話で巡れた場所を紹介しておきます。

【第1話】
大阪市北区福島、JR東海道線大阪~塚本間、福島商店街~
f:id:kabutoyama-tigers:20180109222240j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109222304j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109222338j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109222436j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109222503j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109222525j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109222555j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109222630j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109222650j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109222857j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109222934j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109223110j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109223140j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109223225j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109223259j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109223404j:plain
大阪のマンホール、大阪城の部分まできっちり描かれています。

f:id:kabutoyama-tigers:20180109223506j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109223550j:plain
電柱の赤い消火栓マークが目印です。

f:id:kabutoyama-tigers:20180109223736j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109223820j:plain
左手前の「珈琲アルファ」は実際は「珈琲ロメオ」という喫茶店です。

関西将棋会館
火曜日で物販店が休みの為、外部のみ撮影しています。
f:id:kabutoyama-tigers:20180109224204j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109224223j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109224251j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109224309j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109224334j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109224358j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109224434j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109224458j:plain

【エンディング】
~心斎橋、道頓堀川、グリコ看板前~
f:id:kabutoyama-tigers:20180109224704j:plain

~大阪梅田、HEP FIVE観覧車~
f:id:kabutoyama-tigers:20180109224911j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109224940j:plain

大阪城
f:id:kabutoyama-tigers:20180109225040j:plain

~千里丘万博公園太陽の塔
f:id:kabutoyama-tigers:20180109225145j:plain

~大阪・黒門市場
f:id:kabutoyama-tigers:20180109225236j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109225300j:plain
交通標識や建物の位置から、この黒門市場の背景は左右反転で描かれています。

~大阪通天閣
f:id:kabutoyama-tigers:20180109225520j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109225547j:plain

~福島商店街~
f:id:kabutoyama-tigers:20180109225713j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109225745j:plain

~JR大阪駅御堂筋口・阪急百貨店前歩道~
f:id:kabutoyama-tigers:20180109225921j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109225959j:plain

関西将棋会館
f:id:kabutoyama-tigers:20180109230107j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109230129j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109230208j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109230252j:plain

~大阪通天閣
f:id:kabutoyama-tigers:20180109230356j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109230428j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20180109230519j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20180109230534j:plain

舞台背景に描かれているモニュメントは、昭和の棋士坂田三吉を称えるものとして設置されました。
f:id:kabutoyama-tigers:20180109230740j:plain

通天閣の舞台背景の左側にある店は、大阪でソース‘二度付け禁止’の串カツ元祖「串かつだるま」です。数多の串カツ店がある中での元祖といえる店舗です。
f:id:kabutoyama-tigers:20180109231057j:plain



一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は©白鳥士郎SBクリエイティブりゅうおうのおしごと!製作委員会に属します。

【新聞掲載】12月19日(火)朝日新聞阪神版、地域ポータルサイト「西宮流」10年の紹介【涼宮ハルヒの憂鬱】

どうも、甲山タイガースです。

西宮で、その地元を舞台にした文学作品やサブカルチャーなどの色々な情報発信を行なっているポータルサイト「西宮流(にしのみやスタイル)」、12月19日(火)の朝日新聞阪神版‘ひと模様’に編集室代表として岡本順子さんの事が紹介されています。


f:id:kabutoyama-tigers:20171227162550j:plain


TVアニメ涼宮ハルヒの憂鬱をめぐり、市内で行われたイベントでは「西宮流(にしのみやスタイル)」の方々によるイベントの企画・関与により、アニメファンを始めとする多くの人々が参加・楽しみました(西宮・まちを旅する博覧会の一イベント)。


西宮を舞台とする作品では、涼宮ハルヒシリーズの他、アニメ「坂本ですが」×阪神電車スタンプラリー(西宮市南東部が舞台背景の作品)や映画阪急電車で西宮市内に登場する阪急今津(北)線の駅や駅周辺の施設の事などを、ポータルサイト上で情報発信されています。


珈琲屋ドリームに集う涼宮ハルヒファンを始め、ポータルサイト「西宮流(にしのみやスタイル)」には本当にお世話になっています。


西宮流HP
西宮流(にしのみやスタイル) ー 西宮をおおいに盛り上げる情報サイト。

【2017年舞台探訪報告】TVアニメ「orange」第13話LETTER13、翔を救いたい、中山へ。【2017年11月11日】

どうも、甲山タイガースです。


2017年11月11日に第13話LETTER13の舞台背景を巡ってきました。以下はその記録です。

f:id:kabutoyama-tigers:20171113162958j:plain


第13話LETTER13の舞台背景は私、高宮菜穂が案内します。第13話。翔が亡きお母さんの携帯電話の未送信メールを見てしまい、自殺を図ろうとする衝撃の最終話です。果たして、私達5人で翔を救う事が出来るのか?」
f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain

[http://:title]



【第13話LETTER13】
f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「2月14日。バレンタインデー。女の子にとっては重要な日です。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171206153321j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206153342j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206153359j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206153435j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206153453j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206153520j:plain
「大好きな翔の為に渡したいと思って、家庭科の授業でチョコを作成しました。二人(あずさ・貴子)からも励まされ、私はいざ、翔のもとへ、と臨むのですが…」

「未来の私からの手紙には、次の様に書いてありました。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171206154839j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206155029j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206154951j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206155048j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206155109j:plain
「未来の私は、何度もチャンスがありながら、翔にバレンタインのチョコを渡せずに終わってしまい、翔の死を迎えてしまうという、後悔の念が手紙から読めました。そして今の私は、何としても翔にチョコを渡そうと決め、動くのです。」

「分が悪い事に、あの上田先輩とぶつかってしまいますが、それでも…」
f:id:kabutoyama-tigers:20171206164253j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206164316j:plain


f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「大事なのは、翔が死ぬ運命をどうしても変えたい、という事。」


弘法山古墳
f:id:kabutoyama-tigers:20171206171616j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206171802j:plain
萩田「過去は変えられない。」あずさ「はぁ?もういいって。信じないなら萩田の手紙は入れないから。」萩田「仲間外れはやめて。そうじゃない。手紙は届いたとしても、俺達の後悔は消せない。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171206172333j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206172418j:plain
貴子「どういう事?」萩田「この世界は、パラレルワールドじゃなくて、一つの世界とする。それで過去に手紙を送って、翔を助けたとしたら、未来も塗り替えられて翔が死んだという事実が無くなる。」あずさ「何か問題あるの?」萩田「そうすると、翔の死を知らせる手紙が生まれなくなる。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171206172453j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171206172533j:plain
萩田「翔の死なない未来が出来上がった時点で、手紙の存在が消えて、塗り替えられた未来も元に戻るのか?それとも初めから手紙は過去に送れないのか?」須和「矛盾が生まれるから、翔は助けられないって事か。」菜穂「パラレルワールドなら、矛盾も生まれないから、翔を助けられるよね?」萩田「出来るかもしれない。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171207132931j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207133204j:plain
萩田「だけど、手紙が届いた事で、俺達の世界とは分岐して新しい世界が生まれるだけで、俺達の世界の過去を変えられる訳じゃ無い。一つの世界でも、パラレルワールドでも、どっちにしても俺達はもう、翔には会えない。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171207145324j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207145515j:plain
須和「じゃあいいじゃん。パラレルワールドに居る、別の世界の翔を救おうぜ。」あずさ「うん。翔がずっと笑っていられる世界を作ろう。」貴子「翔の為に、何かしたい。」

菜穂「(手紙を出そう、過去の自分に。翔を救うう手紙を書こう。)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171207145804j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207145926j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171207150049j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207150130j:plain
菜穂「もし、もう一度、翔に会うことが出来るなら、今度は… 今度は小さい翔がいい。そして、世界一幸せな子になって欲しい。」


~県道63号線・松本市中山小学校・中山小学校南交差点・中山郵便局周辺~
f:id:kabutoyama-tigers:20171207162710j:plain
須和「来るなよ… 翔。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171207163106j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207163352j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171207163915j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207164054j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171207164628j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207164719j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208124811j:plain
須和「翔… 来ないな…」
 
f:id:kabutoyama-tigers:20171207164901j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171207165014j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208124229j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208125102j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208125121j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208125302j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208125423j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208125547j:plain
菜穂「翔ーっ!」須和「翔ーっ!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208125704j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208125851j:plain
菜穂「(翔は今、どんな顔している?)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208130010j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208130127j:plain
菜穂「(泣かないで。)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208130334j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208131028j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208132335j:plain
萩田「通行人からの情報だ。翔らしい男の子を、須和達が向かった方で見たって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208132425j:plain
須和「分かった。」萩田「俺らも向かう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208132600j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208132741j:plain
須和「戻ろう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208133016j:plain
菜穂「(自分を責めないで。)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171208133043j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208133150j:plain
菜穂「(何処にも行かないで。)」

中山小学校
f:id:kabutoyama-tigers:20171208133442j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208133613j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208133808j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208133900j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171208134423j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208134529j:plain

中山郵便局
f:id:kabutoyama-tigers:20171208134745j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171208135012j:plain
貴子「翔ーっ!」あずさ「翔ーっ!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209075558j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209075807j:plain
須和「萩田、居たか?」萩田「居ない。暗くてこれじゃ、分からない。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209080041j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209080146j:plain
萩田「今中山小の近くにいる。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209080636j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209080708j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209081308j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209081352j:plain
須和「俺らもだ。一旦集まろう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209081940j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209082012j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209082312j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209082403j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209082744j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209082813j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209083719j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209083748j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209090416j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209090510j:plain
菜穂「(過去を変えられないのは、この世界でも同じ。)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209090745j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209090849j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209092130j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209092215j:plain
菜穂「(二度とやり直せないのに。二度と…)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209093801j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209093945j:plain
須和「翔ーっ!」あずさ「翔っ!」須和「大丈夫か、翔?」貴子「翔!」あずさ「翔!」

あずさ「翔無事だった!」貴子「怪我は?」
f:id:kabutoyama-tigers:20171219172127j:plain
須和「何してんだよお前!何であんな事をしたー?!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209094533j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209094719j:plain
翔「死のうと… 思った。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209094818j:plain
翔「母さんに… 謝らなきゃって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209100050j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209100120j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209100304j:plain
翔「けど、出来なかった。俺が居なくなったら、皆はどう思うんだろうって。もしかしたら、明日も楽しい事があるのかなって。まだ、死にたくないって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209100650j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209100831j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209101002j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209101146j:plain
菜穂「…よかった。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209135818j:plain
翔「ごめん… あ、でも、何で?」須和「手紙が教えてくれた。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209102734j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209140245j:plain
翔「手紙?!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209140540j:plain
萩田「手紙には、今日翔が自殺するって事と、翔を救ってほしいって事が書かれていた。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209141345j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209143426j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209144808j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209144915j:plain
あずさ「10年後のあたし達から手紙が届いたの。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209150823j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209151249j:plain
翔「10年後?…今日菜穂が持ってた手紙。この前、須和が俺の小さいころの写真を見たって言ってた。でも、婆ちゃんに訊いたら見せてないって。」須和「未来からの手紙に入ってた。」あずさ「だけど、手紙が届いたのは私達だけじゃないんだ。」貴子「翔にも届いているよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209151956j:plain
貴子「翔へ。翔は男の子だから、強いんだと思っていた。」あずさ「翔ともっと沢山遊びたかったし、沢山話もしたかった。」萩田「あの時こうしたら翔は生きていたのか。何がいけなかったのか。」須和「翔がいなくなる事が、こんなに寂しくて辛いなんて考えた事なかった。」菜穂「助けられなくて御免なさい。翔の事を、ちゃんと見ていればよかった。」

菜穂「みんな、翔を失って凄く後悔している。10年経っても、きっと、一生消えない。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209152759j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209154517j:plain
翔「俺の… 所為?」菜穂「違うよ、翔の所為じゃ…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209154918j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209155152j:plain
須和「そうだよ。お前の所為だよ。死んだら絶対許さねえからな。」翔「ごめん、みんな。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209155725j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209155856j:plain
須和「俺らもごめんな。俺達知ってた。始業式の日に何があったのか。誘ってごめん。お前の所為じゃないんだ。」翔「ううん。あの時、誘ってくれて嬉しかった。友達になってくれて、ありがとう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209160221j:plain
あずさ「翔~!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「翔へ。私達を許してくれますか?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209160517j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209160533j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209160556j:plain
あずさ「ねえ、そう言えば、翔何で自転車乗らなかったの?手紙と違ったんだけど。」翔「え、ああ、乗ろうと思ったら壊れてた。誰かに壊されたっぽくって。」萩田「えー酷い事する奴がいるんだなー(棒読み)」須和「俺知ってるわ、犯人…」あずさ「ん~萩田ァ!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「あの頃、私はまだ高校生で、毎日の大切さや、命の重さも分からない、まだ子供でした。」
「もしもう一度チャンスを貰えるなら、今度は私達が全力で、翔を守るから。生きて欲しい。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209160617j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209160644j:plain
「26歳の春、弘法山から見る、オレンジ(orange)色に染まる空や町や桜を、翔と一緒に見たいです。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209161306j:plain
「みんなで、待っています。」


~薄川沿い・松商学園グランド側道路~
f:id:kabutoyama-tigers:20171209163224j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209163253j:plain
翔「パラレルワールドって、他に何通りもの未来があるって事でしょ?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209163326j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209163429j:plain
萩田「うん。」貴子「きっとどこかに、あずと萩田が結婚している未来もあるのよね?」萩田「ありません!」翔「じゃあ、須和と菜穂が結婚している未来も?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171220134706j:plain
須和「無い!無い無い無い無い無い無い無い無えよ!」菜穂「え?」須和「でも、あったらいいけどな。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209165218j:plain
菜穂「そうだね。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209170142j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209170217j:plain
あずさ「お~いぃ照れてるな~須和ァ~。」貴子「嬉しそう。」須和「タイムカプセル!!埋めるぞ!」貴子「何故力む?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209170917j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209171105j:plain
翔「(10年後のみんなへ。皆さん、元気ですか?10年後もみんなも変わらず、仲良しで笑っていますか?毎日は楽しいですか?10年後の俺は、今何をしていますか?サッカーは続けていますか?菜穂と結婚出来ていますか?ちゃんと毎日生きていますか?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171220135707j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209174404j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209174453j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209175836j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209175915j:plain
菜穂「どうしたの、翔?何か嬉しそうだね?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209180207j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209180252j:plain
翔「うん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209180423j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209180454j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209180555j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209180630j:plain
翔「俺、生きてて良かった。俺を助けてくれて、ありがとう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171209181200j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209181231j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209181357j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209181432j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209182156j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209182235j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171209182324j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171209182424j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「もしあなたが又、生きる事が辛くなる日が来たとしても、その時は…」

弘法山古墳
f:id:kabutoyama-tigers:20171220140744j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171220141002j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171220141132j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171220141239j:plain
「何度でも、何度でも… 救うよ。」

<後記>
足掛け二年に渡ったTVアニメ「orange」の舞台背景取材・舞台探訪、多くのいい思い出がありました。また、現地の方々に所々教えていただく事もあり、松本とそこの住む方々の優しさに触れた二年でした。


TVアニメ「orange」の舞台探訪記事を、原作者高野苺さん・orange製作委員会の皆様・松本に居る素晴らしい全ての人々に捧げます。


一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は©高野苺双葉社/orange製作委員会に属します。

【2017年舞台探訪報告】TVアニメ「orange」第12話LETTER12、弘法山からの太陽は何色?【2017年11月11日】

どうも、甲山タイガースです。


2017年11月11日に第12話LETTER12の舞台背景を巡ってきました。以下はその記録です。


f:id:kabutoyama-tigers:20171113162958j:plain

[http://:title]
[http://:title]



第12話LETTER12の舞台背景は私、高宮菜穂が案内します。第12話の主要なシーンは、10年後の26歳になった私達がいる弘法山です。そして今回のストーリーは、10年後の未来の私達5人が手紙を出す前の、翔が交通事故死、自殺してしまう世界の事です…」
f:id:kabutoyama-tigers:20171112183946j:plain


【第12話LETTER12】
f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「翔はお母さんと共に、東京から松本へ引っ越してきます。翔の回想では、『高一の終わりに、松本市へ引っ越すと言われた。母さんはいつも、俺に相談なく勝手に決める。』と述べています。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171129141501j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171129141515j:plain

「そして、翔は私達と出会います。」
~薄川河川敷・見晴橋~
f:id:kabutoyama-tigers:20171129144806j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171129152533j:plain
須和「どこ行く?」あずさ「まずはウチのパン。」貴子「いいんじゃない?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171129152934j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171129152946j:plain
「(翔の回想)今は母さんの事は忘れて楽しもう。後で誤ればいいや。メールは帰ってこなかった。母さんと会話したのは、それが最後だ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130090148j:plain
「(翔の回想)誰かが死んでも、変わらないんだな。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「翔は東京在住時の高校の同級生から連絡を受けます。」

~東京~
f:id:kabutoyama-tigers:20171130090804j:plain
「都庁始め、新宿の高層ビル群。」※後日撮影予定

f:id:kabutoyama-tigers:20171130090925j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171231170645j:plain
「このレストランは、JR中央線中野駅南側にあるロイヤルホスト中野店です。」※後日撮影予定2017年12月30日撮影

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「翔は、深志神社での私の言葉をも冷たく突き放した後、この松本市時計博物館の前を歩いて帰ります。」
松本市時計博物館前~
「(翔の回想)よく人が言う。今が辛くても、生きていればいい事はある。…簡単に言うな。生きる事が一番辛いのに。後悔から解放されるなら、今すぐ死んだっていい。」2017年12月2日撮影
f:id:kabutoyama-tigers:20171130115624j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171203181116j:plain
(真上から撮れないので下から… ドローンがあれば…)

f:id:kabutoyama-tigers:20171130115646j:plain
f:id:kabutoyama-tigers:20171130115714j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171203181154j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171130115918j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171203181211j:plain


f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「それからの私達は、須和と私(菜穂)が交際するようになる事、翔は私(菜穂)ともっと話したり謝りたかった事など、色々とありました。そして、翔のあの自殺へと繋がっていくのです…」


~薄川沿い・見晴橋→弘法山へ~
f:id:kabutoyama-tigers:20171130122106j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130122342j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171130122522j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130122634j:plain
「翔が亡くなってから、私達が揃って会話をする機会は減っていった。今日、こうして集まれた事。翔の話をすると、また皆が一つになれた気がした。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130123152j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130124614j:plain
「毎年ここで待ってたよ。須和と一緒に。約束したよね?春になったら、皆で弘法山の桜を見ようって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130140000j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171130140032j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171130140100j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130140445j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain
「大晦日の翔との一件があって、冬休みが明けても翔にいつもの様に話しかける事が出来なかった… それでも翔との仲が元に戻るように願い、私(菜穂)は…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130142806j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130142953j:plain
あずさ「翔と初めて会った日、よく覚えているのに、もう10年も前なんて不思議。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130143024j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130143214j:plain
貴子「あの日、帰りに誘ったのがいけなかったのかな…」須和「俺が誘った。俺が悪い。」あずさ「私だって誘った。」貴子「私も…」萩田「じゃあ、俺らと友達にならなきゃ、翔は生きてたって事か?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130143508j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130143626j:plain
あずさ「そんなのやだ、別の日に誘えば良かっただけだよ。」萩田「その日も翔とお母さんが約束してたら?一緒だろ、何が悪かったとか無いんだよ。後悔したって成る様にしか成らない。」あずさ「そんな事無い、どこかで間違わなければ翔は生きてた。」須和「喧嘩すんなよ、今日は翔も居るんだから。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130145538j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130145627j:plain
あずさ「居ないじゃん。約束だってこれじゃ果たせてない。翔が居ないと意味ないよ。」貴子「やり直せないもんね、何したってもう遅い。」あずさ「タイムカプセルってさ、過去には送れないの?」萩田「無理だ。」須和「タイムマシンが出来るのを待つしかないか…」萩田「出来ない、永遠に無理だ。」菜穂「ブラックホールは?高校の時、授業で中野先生が離してた、ブラックホールでタイムスリップ出来るかもしれないって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130145831j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130145923j:plain
萩田「無理だね。一度入ったら帰ってこれないだろ。過去なんてやり直せる訳ないんだから、諦めろ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130152746j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130152859j:plain
萩田「はぁ~っ、ブラックホールじゃないかって言われている場所なら、地球上にもあるけどな。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171130153229j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171130153502j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171201104932j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201105048j:plain
萩田「2013年、スイスの学者が太西洋南部にブラックホールが存在する兆候を発見した。メキシコ湾にも同様の報告がある。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171201105440j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201105808j:plain
菜穂「海?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171201110000j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201110158j:plain
萩田「西大西洋のバミューダトライアングルでは、昔から船や飛行機の消える事件が起きてて、そこにブラックホールが存在するという説がある。でもただの都市伝説だ。タイムスリップなんて出来る訳…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171201110337j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201110359j:plain
あずさ「そこ行ってみよ?」貴子「でも、行ったら戻ってこれないんでしょ?」菜穂「手紙だけ送ってみれば?タイムカプセルみたいに。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171201110942j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201111141j:plain
須和・あずさ・貴子「それだ!」萩田「無理だ。タイムスリップしても、どこへ行くか分からない。未来に送られたら?過去に届いたとしてどうやって俺達に届ける?俺らが高二になった2012年4月にこの手紙をこの住所に届けてくれとでも書いておくのか?」菜穂・あずさ・貴子・須和「それだ!!」貴子「過去の自分に手紙を書いて海に流せば。」あずさ「未来が変えられるかもしれない。」萩田「無理だ。」須和「でも奇跡を起こすしかねえだろ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171201111739j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201113840j:plain
須和「そしたらさ、翔を助けられる。」菜穂「うん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「(翔を)助けたい。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171201125607j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201125635j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201125653j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171201125716j:plain
菜穂「翔!バレンタイン、待ってて!絶対、待ってて!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「傷ついても嫌われてもいい。ただ失いたくない。翔を。」


f:id:kabutoyama-tigers:20171129140503j:plain
「次回、第13話LETTER13、クライマックスです。ご期待ください。」


一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は©高野苺双葉社/orange製作委員会に属します。

【2017年舞台探訪報告】TVアニメ「orange」第11話LETTER11(Part2)、深志神社にて何かを祈願する。【2017年11月18日】

どうも、甲山タイガースです。

f:id:kabutoyama-tigers:20171113162958j:plain

[http://:title]


第11話LETTER11の舞台背景は私、高宮菜穂が案内します。Part1、Part2の前後編で紹介します。今回はPart2、深志神社での場面紹介です。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain

【第11話LETTER11(Part2)】
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「二人で会う約束をしたクリスマスイブ、翔のお婆ちゃんが体調を崩して、翔とは会えなくなってしまった。二年参りは… 会えるよね?」
f:id:kabutoyama-tigers:20171122154734j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122154753j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122154807j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122154828j:plain

「私は、ずっと最後まで謝る事が出来ず、翔は亡くなってしまった。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171122155250j:plain

~深志神社~
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
深志神社は、四柱神社と共に、松本では大きな神社です。菅原道真公を祀る天満宮がある事から、学問の神様としても崇められ、祭典・神事では松本の氏子や参拝の方々が見受けられます。毎年7月24日・25日の例大祭天神祭り)には、境内に神輿と山車(この神社の祭礼では舞台と名付けられている)が集まります。」
信州松本 天神 深志神社

f:id:kabutoyama-tigers:20171122163736j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122164135j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171122164239j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122164318j:plain
「菜~穂~、貴ちゃ~ん!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122164524j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122164659j:plain
貴子「お、デート終わりかな?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122180527j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070240j:plain
萩田「そこで会っただけだ!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122165244j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070350j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171122165412j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122165450j:plain
あずさ「翔遅れて来るって。」貴子「須和は?」あずさ「まだ来てない。」萩田「来れないって言ってたんだろ?」あずさ「どうせ家で寝てるよ。」貴子「後で電話してみようか。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122170244j:plain
貴子「菜穂、今日の事手紙に何か書いてあったの?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122170847j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070300j:plain
菜穂「うん、喧嘩、しちゃったみたい。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「きっかけは、私が翔を傷つけるような事を言ったから。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171122172031j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171122172423j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070308j:plain
貴子「何かあったらさ、私たちが居るから、いつでも言ってよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122173009j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122173126j:plain
菜穂「うん。私が気を付ければ大丈夫だと思う。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122173302j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070312j:plain
あずさ「喧嘩しても謝って仲直りすれば大丈夫だよ。喧嘩するほど仲が良いって言うしね、ね、萩田?」萩田「そうそう、俺らのようにな。」あずさ「な。」萩田「って馬鹿野郎、仲良くねえわ!」貴子「自分で言ってんじゃんw」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122174220j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070322j:plain
あずさ「夫婦漫才?w」萩田「誰が夫婦だ!」貴子「結婚おめでとうw」あずさ「おめでとうw」萩田「おめでたくねえわ!」翔「ごめん、遅くなって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122175115j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070330j:plain
翔「マフラーしてるね。可愛い。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122175619j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070336j:plain
菜穂「か、翔もかわいいよ、マフラー。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171122181320j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171122181359j:plain
翔「ありがとう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123123354j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123123542j:plain
萩田「ボソッ)俺も(マフラー)してるし。」翔「須和は?」あずさ「家で寝てる。」萩田「腹痛いって。ただの食いすぎ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123124838j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123124924j:plain
萩田「御飯5杯餅7個あとそば…」貴子「萩田、後で怒られるよ。」あずさ「いや、もっと食ってるね。」萩田「ああ、賭けてもいい。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123125346j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123125524j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123125716j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070358j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123125843j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070400j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「神社での事。未来の私からの手紙には、次の様に書いてありました。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171123130730j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123130746j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123130100j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070410j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123131129j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070408j:plain
あずさ「やったぁあたし大吉!」貴子「あたし吉。菜穂は?」菜穂「あ、あたしは小吉。」あずさ「翔は?何だった?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123131535j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123131645j:plain
翔「俺は、小吉。」菜穂「あたしと一緒だね。」翔「本当?やった!」萩田「ボソッ)俺も小吉だし。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123132029j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123132117j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123132156j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070418j:plain
あずさ「うっさっぶ、萩田、温かい飲み物買ってきて。」貴子「あたしはカフェオレ。」萩田「何で俺が買ってくる前提なんだ!」5人「ジャンケンポン!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「このじゃんけんで。私は翔と二人になって、皆の飲み物を買いに行くことになるのですが、手紙には次の様な事が書かれていました。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171123133415j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123133524j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123133637j:plain
あずさ「じゃあ買い出し宜しくね~。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123133929j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123134122j:plain
翔「行こうか。」菜穂「うん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123134733j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123135300j:plain
貴子「大丈夫かなぁ~。」あずさ「今の菜穂なら大丈夫だよ。」貴子「そうだよな、少しずつ変わってきているもんね、菜穂も翔も。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123135907j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070450j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123140034j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123140208j:plain
貴子「それより須和だよ。本当に来ないつもりなのかな?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123140856j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070458j:plain
翔「あ~れ、萩田君が言ってるミルクセーキ無いじゃん、おしるこでいいかな?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123141148j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070502j:plain
菜穂「他の自販機見てみる?」翔「そうだね。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「二人で歩きながら、翔はクリスマスイブの事を謝ってきっます。そして、私は、来年のイブには一緒に居ようと話しかけますが、翔の『婆ちゃんが体調を崩さなければね。』という返事に不安を感じます…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123144005j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123144043j:plain
菜穂「(翔から、イブの日のお婆ちゃんが肺炎になりかけだった事を話され)だ、大丈夫だよ、お婆ちゃんなら。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123144236j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070516j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123145213j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070518j:plain
翔「そう思ってたよ。母さんの時も。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123145631j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070524j:plain
翔「ごめん、何か暗くなった。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123145912j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123145958j:plain
翔「大丈夫だと思ってたんだ、母さんの時も。まさか、居なくなるなんて思ってなくて…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123150221j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070544j:plain
翔「ちょっと傍に居てやればよかったなぁって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123151640j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123151726j:plain
翔「菜穂。」菜穂「えっ?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123152345j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123152511j:plain
翔「やっぱ俺、先に帰ってもいいかな?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123152631j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123152813j:plain
菜穂「えっ?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123152935j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070554j:plain
翔「婆ちゃんが心配だから、傍に居たいんだ。」菜穂「出来れば、もう少し居て… お婆ちゃんなら、大丈夫だから。居なくなったりなんかしないよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123153440j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123153936j:plain
翔「何でそう言い切れるの?」菜穂「何でって…それは…(まだ未来からの手紙の事は言えない)」翔「始業式の日もそうだった。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123154721j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070555j:plain
翔「何が大丈夫なんだよ。何も知らないくせに。大丈夫なんて、人が勝手に決める事かよ!?」菜穂「違う。」翔「どれ程辛かったか知らずに、死ぬほど辛かったのに、大丈夫なんて。母さんを一人にしたのは俺だ、俺が殺したんだ!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123160052j:plain
菜穂「はっ… あ…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123160516j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123160701j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123161120j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070522j:plain
翔「ごめん。やっぱ帰る…」菜穂「待って!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123161806j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070608j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123161957j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070618j:plain
翔「来ないで。」
翔「もう、何も話したくない。これ以上、近寄らないで。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123162400j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070614j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123162552j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123162702j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123162835j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123163026j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171123164144j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123164238j:plain
貴子「何してんの?絶対来いって言ったでしょ!」須和「忙しいんだよ。」貴子「何が?」須和「紅白視てた。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123164554j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070730j:plain
貴子「あんたさあ、自分が菜穂に告白したら、翔を救えないかもとか思ってんの?もしそうならそんな心配要らないから。翔は私達が必ず助けるから、だから告白しなよ、菜穂に。」萩田「お~Iふざけんな、お前が居ねえから、待ち合わせに困ったじゃねえか。」須和「目印じゃねえよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171123165541j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123165621j:plain
萩田「須和、いまさら言うのも遅いけどな、未来を変えるのは余りいい事じゃないと俺は思う。俺達が未来を変える事で、翔だけじゃなく関係ない他の人達にも影響が出る。現に体育祭の時がそうだった。リレーで翔が1位になった事で、本当は1位になる筈だった奴が2位になって、青団が優勝する筈が赤団の優勝に変えちまった。もしお前が未来を変える事で、他の誰かの未来を変える事になるなら、そりゃどうかと思うぞ。」
あずさ「(電話を)貸して!あたし菜穂と翔を応援するって言ったけど、やっぱり須和の事も応援したい。菜穂を守ってあげられるのは須和だって思ってるからね。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124100120j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070727j:plain
あずさ「え、何この声?何処に居るの、須和!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124100952j:plain
須和「俺の味方は居ないんじゃなかったのかよ?」


f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「須和は、私達(菜穂と翔)の事を心配して神社にやって来るのでした。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124100839j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070714j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124101021j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070738j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124101342j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124101430j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124101516j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070624j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124102010j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070628j:plain
須和「菜穂!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124102140j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070626j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124102720j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070630j:plain
須和「大丈夫だ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124102913j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070640j:plain
菜穂「変えられなかった。翔を傷つけた。ごめん…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124103143j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070632j:plain
菜穂「翔に… 嫌われたかも…」須和「そんな事無い。もし嫌われても大丈夫。その時は俺が、翔を菜穂のとこまで連れて来るから。お前らが離れないように、見守っててやるから。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124104058j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070644j:plain
須和「だから菜穂、怖がってないでもっと前に進んでみろよ。翔と居られる時間を、ちゃんと大切にしろ。」菜穂「うん…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124104547j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070638j:plain
須和「早く翔呼んで来い。早くしないと、年越しちまうぞ。」菜穂「うん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124105701j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171123162702j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124105852j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124105920j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124110812j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070650j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124110859j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124110930j:plain
須和「フッ… 貴子に怒られるなぁw」

f:id:kabutoyama-tigers:20171124111045j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070710j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171124111331j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124111402j:plain


f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「もしも、今日の事が切っ掛けで翔が心を閉ざしてしまったのなら、翔が亡くなったのは、私の所為?応えて。翔!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「母親が自殺したのは自分(翔)の所為だ、と何もかも背負い込む翔。私(菜穂)の言葉をも冷たく突き放して離れて行ってしまう翔。しかし、後から来た須和に、大丈夫と励まされ、私(菜穂)は… 私と翔、そして私達6人の関係は今後どうなっていくのか… 次回、第12話LETTER12をお待ちください。」


松本フィルムコミッションのHPには、「orange×舞台めぐり」の事が紹介されています。スマホアプリ「舞台めぐり」をダウンロードし、各アニメの聖地・舞台背景となるポイントでスマホタブレットのアプリを起動し、カメラをかざすと、映る背景にキャラクターを投影して撮影出来るものです。
f:id:kabutoyama-tigers:20171124123336j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124123348j:plain
各ポイントでキャラを入れて背景を合わせて撮影して巡ることで、あらためて作品の世界を再確認出来る楽しみがあります。

松本フィルムコミッションによる「orange×舞台めぐり」案内
http://www.matsumoto-film.jp/topics/2348/

舞台めぐりHP
行けるアニメ! 舞台めぐり

さて、Part1、Part2と巡り終えて…
舞台めぐりアプリで遊びながら…
f:id:kabutoyama-tigers:20171124131606j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124131631j:plain

舞台探訪中、お茶に五平餅も頂き…
f:id:kabutoyama-tigers:20171119070226j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124132418j:plain

パルコ前を含む伊勢町通りは、数々のツリーに彩られ、クリスマスムードでした。
f:id:kabutoyama-tigers:20171119070820j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124131343j:plain

そして、松本を去る18時前。8℃!行きも帰りも寒い… 前回より1時間早く「しなの」乗車→「のぞみ」→西宮へ。
f:id:kabutoyama-tigers:20171124132617j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124132742j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124132749j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124132756j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124132804j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171124132826j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070824j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070826j:plain


一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は©高野苺双葉社/orange製作委員会に属します。

【2017年舞台探訪報告】TVアニメ「orange」第11話LETTER11(Part1)、冬の蔵シック館でほっこり。【2017年11月18日】

どうも、甲山タイガースです。

TVアニメ「orange」の舞台探訪も第11話LETTER11、先週11日に約1年振りに訪れたのに続き、1週間振りに松本へ行ってきました。

先週と同じスジで、新大阪07:03「のぞみ208号」→名古屋08:00「しなの3号」に乗車、いざ松本へ。
f:id:kabutoyama-tigers:20171120115238j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120115711j:plain

中央本線木曽川沿い、車窓からの眺め。先週は晴天に見事に映えていた紅葉も、この日は雨天の所為で霞んでしまっています…
f:id:kabutoyama-tigers:20171120115942j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120120017j:plain

10時過ぎ、松本着。8℃!先週訪れた時は16℃だったのに…
f:id:kabutoyama-tigers:20171119055542j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120120356j:plain

松本駅ビルコンコースには、丁度1年前の11月18日に2週間限定で公開上映された劇場版アニメ「orange-未来-」のポスターが貼り出されています。上映終了後1年経っても。まだ貼り出してくれている事が何だか嬉しかったです。
f:id:kabutoyama-tigers:20171120121310j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171113162958j:plain

第11話LETTER11の舞台背景は私、高宮菜穂が案内します。Part1、Part2の全後編で紹介します。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain


【第11話LETTER11(Part1)】
~中町蔵シック館~
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「ここ、中町蔵シック館は、松本駅から東へ徒歩十数分で行けます。白壁建築の町並みの中にあり、かつての酒蔵をここへ移築しました。四柱神社からすぐ南の所です。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171120123833j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065924j:plain
あずさ「ね~クリスマスイブどうする?翔と菜穂は二人で会うの?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120124221j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065930j:plain
翔「空いてる?」菜穂「あ、うん。」翔「二人で遊ぶ?」菜穂「うん!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120124928j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065936j:plain
菜穂「(イブに二人って、付きあってるみたい。)」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120125307j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065940j:plain
萩田「ぺっ!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120145538j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065931j:plain
あずさ「じゃあ決まりだね。」貴子「二年参りは?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120145747j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065946j:plain
翔「二年参りって?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120145923j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065926j:plain
須和「初詣みたいなもんだよ。」萩田「大晦日の夜から行くんだ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120150153j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065952j:plain
翔「ふ~ん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120150404j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070046j:plain
須和「二年参りも二人で行ったらいいじゃん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120150620j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065956j:plain
翔「う~ん、でも、新年はみんなで迎えようよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120151100j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070000j:plain
貴子「そうだね、二年参りはみんなで行こう。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120151213j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119065942j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171120151650j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070004j:plain
貴子「どこ行く?」あずさ「四柱神社?」菜穂「深志神社?」あずさ「深志神社って太鼓のとこだっけ?」菜穂「うん、年が明けると太鼓を鳴らすの。」あずさ「ドンドンドンドンドンドンドン…」萩田「それお化け屋敷!ドン!ドン!ド、ド、ドン!」あずさ「それ千畳敷タヌキw」貴子「何それw」あずさ「え、妖怪。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120152534j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070047j:plain
須和「あ~悪い。大晦日、俺用事あったわ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120152918j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070012j:plain
あずさ「え、マジで?嘘くさいな…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120153239j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070016j:plain
須和「マジだわ。だから俺行けねえ~。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120153632j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070024j:plain
あずさ「え~!」須和「ごめん。俺の分もお参りしてきてくれ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120154603j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070022j:plain
あずさ「今年も身長伸びますようにって?」須和「これ以上はやめて。」萩田「じゃ、俺帰るけど。」あずさ「そろそろ解散しよっか?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120155031j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070034j:plain
翔「菜穂。鯛焼き食べてかない?俺奢るよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120155543j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070038j:plain
菜穂「うん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120155821j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070032j:plain
翔「行こっ。」あずさ「バイバーイ。」萩田「バイバイ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120160135j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070042j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171120160851j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070052j:plain
須和「痛って!何だよ?!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120161440j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070058j:plain

~中町蔵シック館内~
f:id:kabutoyama-tigers:20171120161724j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070104j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171120161945j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120162013j:plain
貴子「大晦日、予定あるって、嘘でしょ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120162159j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070108j:plain
須和「嘘じゃねえって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120162345j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070114j:plain
貴子「あたしの手紙には、須和も二年参りに行っている事、書いてあるんだよ。」須和「そんなぁ。未来は変わる事だってあるよ。」貴子「須和が変えようとしてんでしょ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120162820j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070122j:plain
須和「…だろ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120163214j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120163344j:plain
貴子「あんたが大晦日に、菜穂に告白する事。」あずさ「え、嘘っ?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120163655j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120163732j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171120163814j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070150j:plain
貴子「大晦日に、何かのきっかけで菜穂と翔が喧嘩して、それで翔が先に帰っちゃって、泣いてしまった菜穂を、須和は慰める。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171120164328j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070128j:plain
須和「俺はしない。一生。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120164930j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070152j:plain
須和「告白なんてする必要ないだろ。翔を助ける事には関係無い。」貴子「でも、須和と菜穂の未来には関係ある。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120165408j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070146j:plain
貴子「消してもいいの?須和と菜穂が結婚する未来。」あずさ「結婚?須和と菜穂が?!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120165857j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120165940j:plain
貴子「その告白が切っ掛けになったかもしれないって、手紙には書いてあるよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120170836j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070204j:plain
貴子「今菜穂は翔が好きでも、数年後に菜穂はあんたを…」須和「そんなのこの世界には関係ない。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120171317j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070208j:plain
須和「中野先生が離してくれた‘パラレルワールド’ってのがあるんだろ?手紙を送った俺たちの10年後の世界と、手紙を貰った俺たちの世界は、別々に存在している。俺が未来を変えても、手紙を送った世界は何も変わらない。俺が菜穂と結婚したのは… 翔が死んだから。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120172041j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120172112j:plain
須和「この世界では、その路は選ばない。決めてるんだ。絶対、菜穂に告白しないって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171120172242j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070216j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171120172618j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070118j:plain

~松本パルコ・花時計公園前~
f:id:kabutoyama-tigers:20171120173711j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171120173821j:plain


「Part2へ続きます。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain



一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は©高野苺双葉社/orange製作委員会に属します。

【2017年舞台探訪報告】TVアニメ「orange」第9話LETTER09、1年ぶりの松本は木枯らしに吹かれて。【2017年11月11日】

どうも、甲山タイガースです。



2016年8月27日のTVアニメ「orange」第7話LETTER07・第8話LETTER08以来、一年以上経って、久しぶりに松本へ行ってきました。
2017年11月11日、世は‘1111’ポッキーの日’‘プリッツの日と賑やかに騒いでいる中、私もポッキー(笑)を手に列車で目的地松本へ向かいました。


新大阪07:03「のぞみ208号」→名古屋乗り換え08:00「しなの3号」で松本へ。
f:id:kabutoyama-tigers:20171112163445j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112163802j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112163813j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112163833j:plain


松本までの車中、ポッキーを加えながら、車窓に映るは木曽川沿いに見事な紅葉なる木々を眺めて…
f:id:kabutoyama-tigers:20171112164511j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112164545j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112164618j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112164636j:plain


松本着!午前10時で気温16℃、この時期にしては日中は暖かい方です。
f:id:kabutoyama-tigers:20171112165005j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112165027j:plain


[http://:title]



f:id:kabutoyama-tigers:20171113162958j:plain


第9話LETTER09の舞台背景は私、高宮菜穂が案内します。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain


【第9話LETTER09】
あがたの森公園旧制高等学校記念館前~
f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain
「私(高宮菜穂)や須和だけでなく、あずさ・貴子・萩田君の3人にも未来からの手紙が届いていた事を知らされ、只々私は驚くばかりです。そして、4人は翔を救う為に、私(菜穂)に協力してくれると申し出てくれました。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171112171831j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112172000j:plain
菜穂「みんなの手紙には何て書いてあったの?」
貴子「翔が菜穂と。ずっと仲良く居られる様に協力してあげてって。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112172335j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112173025j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112173226j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112173349j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112173625j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112173953j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112174307j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112174515j:plain
あずさ「これからは沢山協力するからね。」
貴子「もう私達、後悔したくないからさ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112175110j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112175158j:plain
貴子「菜穂にしか翔を幸せに出来ないよ。」
菜穂「わ私?でも私には難しくてどうしたらいいか…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112175644j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112175707j:plain
あずさ「そんなの簡単だよ。ウチらが翔に『おはよう』って言っても翔は喜ばないけど、菜穂が翔に『おはよう』って言ったら翔は喜ぶの。分かる?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112180119j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112180155j:plain
菜穂「ぅ分からない…」
須和「俺分かる。好きな子からメールが来ただけで嬉しいもん。挨拶だけでも。」
菜穂「そうなの?それだけで翔は幸せになるの?」
須和「なるよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112180311j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112180355j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112180539j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112180616j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112180727j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112181017j:plain
「嘘のように心が軽くなった。私が昨日まで抱えてきた物は、もう私一人の物じゃ無いんだ。」

~見晴橋・薄川河川敷~
2017年11月18日撮影、追加。※次回カット撮影予定
f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「私(菜穂)と翔を除いて、須和達4人が何やら秘密の打ち合わせをしています…」
f:id:kabutoyama-tigers:20171113175020j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070744j:plain
貴子「いい?」あずさ「分かった?」須和「おう、傘な。」貴子「合点!」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113175038j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119150009j:plain
そこへ私(菜穂)と翔。翔「お~い、バトン借りてきた。」須和「おう!じゃあ練習するか。」
あずさ「しくじるなよ。」須和・萩田・貴子「うん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113175106j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070750j:plain
翔「何こそこそ話してんの?」あずさ「あは~別に~。」須和「リレーの順番決めてたんだよ、な?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113175127j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070800j:plain
翔「ふ~ん。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113175147j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119070808j:plain
あずさ「順番どうしよっか~?」須和「萩田を何番にするかだよなぁ。」萩田「キーパーソンだけに。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113175211j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171119151743j:plain
貴子「違う意味でね。」あずさ「あっは~はw」

f:id:kabutoyama-tigers:20171113174819j:plain
「何やら、あずさちゃんは手紙らしきものを後ろ手にして隠し持っています。私、気になります!w (ひょっとして、萩田君への)ラブレター?」


~学校前、通学路(松商学園高校正門前)~
f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain
「私と翔は、雨の中相合傘して帰ります。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171112181439j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112181523j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112181615j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112181657j:plain

「翔に凄く近寄られて、思わずドッキリした私は反射的に傘を払い除けてしまいます…」
f:id:kabutoyama-tigers:20171112181850j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112181955j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112182034j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112182110j:plain
翔「あんま離れないで。濡れるよ、もっとこっち…」
菜穂「ぇっあっ(バサッ)!?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112182215j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112182250j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112182425j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112182451j:plain
菜穂「ご、ごめん…」
翔「…雨宿り、していこうか。」

あがたの森公園
f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain
「私(菜穂)と翔は、雨宿りにあがたの森公園の中の休憩所の屋根下へ。」
f:id:kabutoyama-tigers:20171112183407j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112183446j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112183520j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112183550j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112183624j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112183801j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112183925j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112184027j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112184100j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112184216j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112184250j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112184332j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112184404j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112184655j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112184736j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112184843j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112184958j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112185201j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112185307j:plain
翔「(手を繋ごうと差し出した菜穂に)もういい。一回文化祭で繋いだし。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112185354j:plain
菜穂「一回だけ?」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112185710j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112185757j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112190250j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112190329j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112191426j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112191604j:plain
翔「(結局照れながら手を繋ぎ)ごめん。菜穂がなかなか手繋いでくれないから、意地悪した。」
菜穂「だって、あんなの… 言ってくれなきゃ分かんないよ…」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112191741j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112191848j:plain
翔「(俺達)付き合う?菜穂が付き合うって言ったら、俺は付き合う。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112192023j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112192116j:plain
菜穂「ううん、付き合わなくても幸せ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112192350j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112192704j:plain
翔「うん、俺も。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112192940j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112193059j:plain
翔「菜穂、もっとこっち。もっと。もっと。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112193250j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112193644j:plain

f:id:kabutoyama-tigers:20171112193739j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112193842j:plain
翔「ちゃんと拭かないと、びしょびしょだよ。」

f:id:kabutoyama-tigers:20171112193953j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112194047j:plain


f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain
「(翔と)つきあってみたいなぁって、ちょっとだけ思ったよ。そしたら、もっともっと幸せな事があるのかなって。」


f:id:kabutoyama-tigers:20171112165525j:plain
第10話LETTER10は、校内での体育大会のお話なので、紹介する舞台背景はありません。第11話LETTER11以降をお楽しみに。」


この日、時間切れで第11話LETTER11の深志神社のカット撮影を行なえませんでした。第12話・第13話は無事撮影終了、次回以降の記事作成をします…


f:id:kabutoyama-tigers:20171112200453j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200512j:plain
そして、19:07「しなの24号」で松本離脱→名古屋乗り換え22:33「のぞみ129号」で帰阪しました。
f:id:kabutoyama-tigers:20171112200603j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200640j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200712j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200745j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200833j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200855j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200918j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200939j:plainf:id:kabutoyama-tigers:20171112200957j:plain



一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は©高野苺双葉社/orange製作委員会に属します。