読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲山に吠える虎

主にアニメ・漫画関連の舞台探訪・聖地巡礼を記事にします

【竹原遠征記】(「たまゆら」)「ほぼろ」で‘ほぼろ焼き・極’を頂く!【青春18きっぷで竹原への旅】

その他 たまゆら

どうも、甲山タイガースです。


8月29日(土)より、劇場版「たまゆら〜卒業写真〜第2部 響」が公開されていますが、劇中にも登場する‘ほぼろ焼き・極’を食べたいが為に(笑)、9月5日(土)、初秋の竹原へ行ってきました。初秋といっても、8月の夏の残暑が続く竹原でしたが(汗

JRの青春18きっぷを使って、在来線乗り継ぎの旅。
JR西宮→姫路→岡山→三原→竹原、と。6:38に乗って、降りたのは11:53、5時間15分の行程…
山陽路の旅は、風光明媚な所を走るので、飽きはしませんが…

JRの広島近郊各線に、最新の227系が投入されつつある中、幸いにも‘たまゆら’カラーの電車の乗車できましたが、更に降り立った竹原駅ホームで観光列車瀬戸内マリンビューとのご対面!去りゆくマリンビューを見送り…

毎回出迎えてくれる‘おかえりなさい’。物語では汐入から来た楓を、そして現実にはたまゆらで訪れるファン達を、温かく迎えてくれます。

駅前の観光案内所へ。たまゆらぶらり歩きの始まりです。

ここではたまゆらグッズがいろいろ販売されていますが、とうとうミネラルウオーター(?)‘ももねこさま ご神水’までw

観光案内所でたまゆら’ 町並みお散歩スタンプラリーのチラシを手に取り、商店街へ。

商店街に設置されている‘飛び出したまゆらの数々。キャラの数も増えて、充実してきています。

商店街の他にも、町並み保存地区にもあります。目立つようには設置されてはいませんが…

そして、ももねこ様像を拝んでから町並み保存地区へ。

分かる人にはわかる場所(某結婚式場のシーン)。

道の駅たけはら。

ゆるキャラグランプリ、ももねこ様に1票を!w

今日の目的であるお好み焼き「ほり川」へ。

古い蔵を利用した店内は、天井に大きな梁を使ってます。これがいかにも町並み保存地区らしい立派な建築物です。

ここで、ももねこ様としろねこ様はぐったり…

‘ほぼろ焼き・極(広島風お好み焼きにタケノコ・コンニャク入りの牛スジ煮込みとハンバーグ・ポテトサラダの具入り)’、そしてたまゆら」キャラクターコラボドリンクたまゆら〜くりーむそーだ〜9種類。期待の新メニューです。

お目当てのほぼろ焼き・極は下地のそばをダブルに注文してたらふく食べ、コラボドリンクの方は(かおたん推し、なので)オレンジソーダを注文。

ハンバーグ・ポテトサラダ共に、意外とお好み焼きに絡んでおいしい、というのが感想です。
実際にみんなで食べに来られてその味を知るべし、なのでw

ちもさん婚約おめでとう(このちもさん人形は手作りで、カウンター前にて来店客をお待ちしています)。

ほり川を出て、西方寺・普眀閣へ。

ここは、たまゆらで登場する町並み地区の中でも、階段から見下ろす背景と合わせて1,2の場面だと思います。

たまゆら’ 町並みお散歩スタンプラリーでは、スマホのARアプリをダウンロードして、2か所あるステッカーにスマホをかざすと、画面にたまゆらキャラを投影したまま撮影する事が出来ます。

胡堂前及び西方寺階段にて。

数々のたまゆらイベントが行われた照蓮寺。普段はこんなにも閑散として静かな境内ですが、10/31・11/1はたまゆらの日・たけはら憧憬の路」で賑わいます。

お抱え地蔵へ。劇場版で久々に登場したので、私も久々に立ち寄りました。ももねこ様・しろねこ様も一緒にw

お抱え地蔵の幟には、真言宗でもお馴染みの地蔵菩薩咒、おん かかか びさんまえい そわか の御真言が。

町並み地区を通り抜けて、旧笠井邸へ。


NHK連続テレビ小説「マッサン」の展示物があるのかと思っていましたがが、ここは以前からずっとたまゆらのポスター等をパネルにして設置し続けてくれています。劇場版第1弾及び第2弾のポスターも。

同じく旧笠井邸。
ノコちゃん、竹原を楽しむ!

たまゆらメインキャストとして、桜田麻音役を演じている儀武ゆう子さんによるオリジナルストーリーを、たまゆらファンを含めた竹原市を訪れた方々に楽しんで頂くもの。
ストーリーは、作品の中で麻音が創作するお話「タケノコ妖精、ノコちゃん」のスピンオフシリーズを、儀武ゆう子さんがシナリオ執筆・朗読したものを収録して竹原市旧笠井邸にて公開致します。
竹原市で行われる四季折々のイベントで、作品ファンを中心としたお客様に毎回違ったお話を楽しんで頂きます。(NPO法人ネットワーク竹原紹介文よりそのまま引用)

たまゆらぶらり歩きは、茶房「ゆかり」へ。ファン寄贈のグッズ等、いっぱい置いてあります。

ここへきていつも感心するのは、昔ながらの大きな梁、そんな中にバーで回っているようなファンがある事、そして古くも威厳を放っている振り子時計。

ここで頂くスィーツは、あっさりしたものが多くて、当然おいしいです。
古民家というのか、江戸期に建てられた建築物の中でお茶やスィーツを頂くのは、優雅でもあります。

竹原を後にして、三原からは在来線で来た行程を逆戻り。

竹原へ、ぎりぎり滞在できる時間まで居たので、西宮へ帰りつく頃は日付けも変わり、終電間近(苦笑)。

劇場版たまゆら〜卒業写真〜 憧 -あこがれ-」は、11/28(土)より2週間限定上映(上映館はHP参照)。

10/31(土)・11/1(日)はたまゆらの日・たけはら憧憬の路」開催です。