読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲山に吠える虎

主にアニメ・漫画関連の舞台探訪・聖地巡礼を記事にします

【金沢遠征記】(花咲くいろは)「オーケストラで奏でるP.A.WORKSの世界」金沢の演奏会に行ってきました【2014年10月4日】

どうも、松前緒花「私、『かがやき』(に乗り)たいんです!」:甲山タイガースです。


10月4日。
この日、アニメ「グラスリップ」第13話の舞台探訪に行こうとして、JRに飛び乗りましたが、そういえば…

石川県立音楽堂で「オーケストラで奏でるP.A.WORKSの世界」という演奏会があるのを思い出し、福井を通り越して金沢まで行ってきました(笑)。


金沢駅の様子・サークルKサンクスアニメ「花咲くいろは」タイアップキャンペーンなども併せて紹介します。
http://www.circleksunkus.jp/press/20140929_01.pdf


10月は、日本に最初に鉄道が開業した「鉄道記念の日」が制定されており、それに伴って、

JRからは乗り放題きっぷが発売されています(青春18きっぷと同等のもの)。
今回は、JR西日本一日乗り放題切符の方を使用しました。


西宮→尼崎から新快速に乗車し、敦賀で普通金沢行き直通に乗り換え。普通列車乗り継ぎで、5時間かかります(苦笑)。

金沢に着くころには、白山車両基地をはじめ、北陸新幹線の高架など完成された施設が目に付いてきました。W7系を見ることはできませんでしたが…


金沢駅。新幹線改札口のあたりは大体完成しているようです。そして暫定的に設置されている壁には、北陸新幹線金沢延伸開業までのカウントダウン電光表示板が。あと「161」日(10月4日現在)。

JRの各駅には開業へのポスターが掲げてあります。勿論この金沢駅にも。


金沢駅もてなしドームと鼓門。「2015年春、北陸新幹線開業」の垂れ幕が下がっていて、2015年3月14日が待ち遠しいです。



このドームと鼓門は非常に珍しいのか、多くの外国人観光客が撮影していました。



石川県立音楽堂。JR金沢駅のすぐそばにあり、立地条件は抜群に良いです。

花咲くいろはでお馴染みの能登麻美子さん・伊藤かな恵さんも出演されるので、多くの花いろファンが詰めかけていました。

公園プログラム表紙と裏。表紙は劇場版「花咲くいろは〜HSH〜」、裏は「第4回湯涌ぼんぼり祭」ポスターのものです。

進行表。

北陸青春3部作(true tears花咲くいろはグラスリップ)の公演の最初に、何故TARI TARIの楽曲を最初に持ってきたかといえば、コンダクターの志村健一さんによれば「僕が出身の神奈川県が舞台の作品だから、という訳でもないですがw」合唱がテーマの作品だったので、オーケストラアンサンブルと合唱のこの公演にはもってこいだったとかだそうで。


グラスリップ「いつまでも忘れたくない日々」などは、PVのシーンが思い出されたり(つい最近まで放送されていましたw)。

TARI TARIから2曲、グラスリップから4曲演奏のあと、「true ears」へ。「SeLect」「一陣の嵐」「溢れ出る、気持ち」あたりがぐっとこみ上げるでしょうか。元々オーケストラによる曲編成だけに、今日の公演では一番しっくりきていたのではないでしょうか。


20分の休憩を挟み、花咲くいろはの楽曲へ。
公演のメインだけに、構成曲数も多く21曲!
ノリに乗ったのが「花いろ軍の行進」で、第7話喜翆戦線異状なしで使われたあの曲は面白かったです。
能登麻美子さん・伊藤かな恵さんの、輪島巴・松前緒花のセリフと共に、演奏は進行していきました。


「Ray of Light」「嬉しさは優しさ暖かさ」「ぼんぼり夜」「受け止めてくれる優しさ〜from ハナイロ〜」と進み、アンコール!

アンコール1曲目、「true ears」からリフレクティア
オーケストラアンサンブルの演奏と合唱団の熱唱で、ホール全体に厚みのある楽曲が響き渡りました。

更にアンコール2曲目。劇場版「花咲くいろは〜HSH〜」のメインテーマ、「影踏み」
会場は満足のうちに終焉を迎えました。


さて、サークルKサンクスアニメ「花咲くいろは」タイアップキャンペーンの方。北陸3県(福井・石川・富山)にあるサークルKサンクスのみの展開です。

タイアップキャンペーンポスターの他、ぼんぼり祭ポスターを貼り出している店もあります。

今回も、喜翠荘のいろどり御膳(湯涌で採れたはちみつ入り)ホットケーキサンドイッチ りんごりんごホィップアップルデニッシュの4種類のコラボがあり、これらを含めた対象商品2点を買うと、特製クリアファイルが頂けます。


サークルKサンクスで頂けるクリアファイル第1弾(手にした知り合いの方より、画像の提供を頂いております)。

クリアファイル第2弾(同上、10月14日追加)。



5時間ほどの滞在でしたが、久々に知り合いの花いろファンの方々ともお会い出来て、金沢を離脱。行きと同じく、帰りも5時間ほどかけて西宮へ。またすぐ1週間後のぼんぼり祭で来るのですがw


10/4の北國新聞には、花咲くいろはぼんぼり祭関連の記事が掲載されていました。


10/11は第4回湯涌ぼんぼり祭へ参加です!