読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲山に吠える虎

主にアニメ・漫画関連の舞台探訪・聖地巡礼を記事にします

【阪神タイガース】金本知憲選手と城島健司捕手の引退【スポーツ・プロ野球】

9月12日(水)、阪神タイガース金本知憲選手が引退を表明。


そして、9月28日(金)、阪神タイガース城島健司捕手が引退を表明。


金本選手については、2002年オフのFA宣言で阪神タイガースに移籍以来、2003年星野仙一監督下でのリーグ優勝2005年岡田彰布監督下でのリーグ優勝など、我がタイガースに多大なる貢献をして頂いた偉大な選手だった。


2010年4月18日の横浜(現DeNA)戦で途切れるまでの1492試合連続フルイニング出場記録(世界記録)。


これは実に偉大な記録ですが、引退会見に際して金本選手が上げている‘誇りに思う記録’とは。

1002打席連続無併殺打、との事。何でも真摯に取り組む金本らしいコメントだと思います。


そして残念なのは、2010年の3月に練習中に他の選手とぶつかって、右肩棘上筋断裂という怪我を背負ってしまった事。
その時は正直「これからペナントレース、って時に何やってんだ。」とも正直思いました。

この怪我がずるずる引き摺って、今回の引退表明へと至ったわけですが…
「鉄人」とまで言われただけに、引退を惜しむのであります。



金本選手の引退に、各界の著名人達と共に、声優界きっての阪神タイガースファンである水樹奈々さんがコメントを寄せていました。

「アニキのフルスイング&全力プレーにいつも勇気と感動を頂いていました。特に09年の3打席連続ホームランは鮮烈に記憶に残っています。またいつか、コーチ、監督として阪神タイガースのユニホーム姿で甲子園球場に戻ってきて頂く事を願ってやみません。」


まさに!阪神タイガースへ、コーチ・監督として帰ってきて貰いたいですね。そして選手をビシビシ鍛えて強いチームにして頂きたい、と。


そして城島捕手。

う〜ん、正直、高額の契約金で移籍しておきながら、怪我の連続でファンの期待を裏切るような事態ばかり。モヤモヤ、イライラ感がつのるばかりだったような。


大型選手二人の引退で、来季は阪神タイガースにとってさらなる試練の時とも言えますが、はたしてどれだけ頑張ってくれるでしょうか。


お二人とも、お疲れ様でした。